祈りの宿No.1モデルのブログ

★冥王ネルゲル解説★

明日6月21日はDQXTVです。6.2の情報とともにDQXオフラインの発売に関しても情報がでてくることでしょう。

「オンラインゲームはちょっと。。。」

と敬遠していたドラクエファンもオフラインの発売でDQXを始める人が増えるかもしれませんね。また、すでにオンラインをプレイしている人ももう一度ストーリーを見直すいい機会になります。

オンラインゲームとしてとてもおもしろいDQXですが、ストーリーもめちゃめちゃめちゃおもしろいんです!

Ver.6になって主人公が産まれる前のお話が始まり、これまでの伏線がどんどん回収されてきましたね。まもなく10年を迎えることもあって、「ストーリーを忘れてしまった」とか、「最近はじめたから前半はスキップしまくった」というひとは少なく無いと思います。

私自身も忘れていることがたくさんあると思います。この前発売されたアストルティア秘聞録」は懐かしさを感じさせるとともに新しい発見もあるとてもおもしろい内容でした。その勢いで、過去に発売されまアストルティア創世記」を電子版で購入してしまいました。

更に、そんな勢い余って、アストルティアを彩るストーリーやキャラクターをグラレコでまとめることにしました。(私自身の備忘録のためにも。)

まずはVer.1のラスボス【冥王ネルゲル】についてまとめてみました。

当時はレベル50でも強敵で、恐怖でしかなかったネルゲルさん。初期からいるのに未だに出生は謎だったとは。自分の卵を壊されたからエテーネの村を焼き払ったところは、やっていることは非道も非道なんですけど、人間味を少し感じてしまいました。そんな復讐をした結果、天敵の勇者がいない魔族だったにも関わらず、唯一の天敵である主人公を生み出す結果になりました。ネルゲルの技で生者には解けない拘束技も、転生した主人公には死んだ転生元の人がいます。そのおかげで拘束を逃れることもできました。ある意味、不運な魔族なのかも。

新エテーネの村にいるシュキエルさんから今後新しい情報も出てくるかもしれませんね。


f:id:ERUFish:20220620081104j:image
おわり。


ドラゴンクエストXランキング